真夏日

久しぶりにお天気になって気持ちいい~と思ったけど、容赦なく気温は上昇し、昼頃にはバテてしまうのではというほどの暑さに。

何度も車を乗り降りする福祉タクシーの運転手や、買い物や通院に利用者様をお連れするグループホームの職員、何人もの利用者様

の入浴介助に入るデイサービスや訪問介護の職員がみんな大量の汗をかきながらお仕事に励みました。

夕方、少し気温が下がったので今日は外でYOSAKOIソーランの練習をしました。鳴り響く鳴子の音に夏を感じましたよ。

 

今日もこの暑さの中、施設見学に来てくださった方がいらっしゃいました。その方のお母さまは、入院中に要介護度が1から4になっ

てしまったのですが、病気は完治したので退院しなければならない状況とのことでした。グループホームの見学と予約で来られたよう

ですが、折角いらっしゃたので向かいにあるサ高住も見学していただきました。サ高住にも要介護度が4の方も5の方もいらっしゃい

ます。認知症と診断された方もいらっしゃいます。当社のサ高住の職員の大半はグループホームでの勤務経験があるので、食事以外一

日中部屋に閉じこもることのないように、体調や時間など様子を見て1階フロアで他の利用者様や職員と過ごせる時間を作っていま

す。今までそうして生活されてきたのなら、1日の中で誰かとかかわる時間を持つことは当たり前のことで大切なことなのです。人間

なのだから喜怒哀楽あって当たり前。人とかかわって1日1日を楽しんでいただきたいです。

時々、見学された方に『どのような状態になったらここを出て行かなければならないのでしょうか?』とご質問をいただきますが、

グループホームもサ高住もどちらも利用者様が出て行くとおっしゃるまで、こちらから出て行ってくださいということはありません。

医療と提携して、経験豊富な職員も配置してターミナルケアも過去に何件も行っています。ご自宅を処分して入居されている方もい

らっしゃるのにそんな無責任なことできません。

『先日見学に行ったところでは退去の条件を言われたんです。』『介護認定を受けていない方は入浴後、ご自身でお風呂掃除をしてく

ださいと言われたんです。』とおっしゃられた方もいらっしゃいました。

 

2年ほど前から増えてきているサ高住。今年はますます増えるようです。高齢者向けの住宅や施設は多様化していてお客様にも違いが

わかりづらいだろうなと感じています。同じサ高住の看板を揚げていても各々の会社でサービスの内容に違いがあります。ご検討中の

方は色々なところを見学されて、納得がいくまでお話をされてみることです。利用者様と職員がいきいきとしているところは間違い

ないと思います。

 

| ブログ, 未分類 | 2016-08-03



Copyright© 2013–2017 有限会社ナイスケア All Rights Reserved. Produceds by B-faith.lnc - hokkaido navi - iChild